元ヒーラーの覚え書き的な日記

ヒーリング、スピリチュアル、代替医療、ホメオパシー、などを、忘れないうちに綴ってます

日記

上司の@根本体質

上司のホメオパシーの根本体質の見分け方 普段の言動でわかっちゃうんだよね。 Sponsored Link // // 「オマエは、仕事はできるが、気に入らないから駄目だ。つかってやらない」 というのがラカシス。女性経営者や管理職に多い。 赤や紫のスーツや服を好む。…

この世の天国@この世の地獄

有名なエスニックジョークで、 この世の天国とは、 恋人はイタリア人、 技師はドイツ人、 調理師はフランス人、 警官はイギリス人、 銀行家はスイス人、 Sponsored Link // // この世の地獄とは 恋人はスイス人(しまり屋さんだそうな) 技師はフランス人(…

ドクダミ茶の@本気

どくだみ茶を飲んでいた。ずっと呑み続けていた。 どくだみ茶は、ご存知解毒作用のあるお茶だ。筋腫などの体内にできるいぼも取ってしまうといわれている。 で、呑み続けて1週間たったら、臍の横に、メンチョウのような大きなイボが一つできた。芯があって気…

五輪の@呪い

古代ギリシアにおいて、オリンピックは4年に一度、神に捧げる祭典だった。 祭典中は戦争も休止し、競技に専念した。 この長くすたれていたイベントを、大掛かりに企画して今の形にしたのは、ナチスドイツだったのは、あんまり、思い出したくない20世紀の真実…

三輪大社@お付き合い

何度もブログに書かせていただいたのだけど、奈良の一宮、三輪大社と縁が深い。 ルーツは父方は愛媛、母方は広島なのだけど、もしかしたら、過去世的に、あるいは遺伝子的に奈良の血が入っていて濃くでているのかもしれない。 Sponsored Link // // 28歳のと…

世界の@終わりの中で

2000年くらいまえのこと、 中近東に、イエスなる青年が現れた。 霊験あらたかな哲学的な霊能青年で、 病気治しと啓蒙をよくし、人々に、 「世界がおわる」ことを宣言していた。 さまざまな事情で磔刑にかけられ亡くなった。 Sponsored Link // // で、2000年…

龍@ドラゴン

東洋の龍と西洋のドラゴンはちがう。 龍は神の使いだったり、 中国の皇帝の象徴だったりして、一概にいい印象をうけるけど、 西洋のドラゴンは、悪魔の使いみたいなかんじで、 悪獣のカテゴリーに入る。 すがたも、おぞましい。 身体はトカゲ、こうもりの羽…

王朝の始まり@異種との混血

王朝の始祖は、海の一族との混血からはじまっていることが多いですね。 わが国もそんな感じです。 天照大神の子孫の 彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊 ウガヤフキアエズさんは、 海の一族の豊玉姫を結ばれました。 トヨタマビメは海宮にて懐妊されましたが、 天神の子…

炒り豆に@花が咲くとき

大本教の神話に現れる艮(うしとら)の金神なる神が、 明治時代、ぼろ買いの文盲の女性であった、出口なお、 に神かかり、その後、大本教団に発展した。 出口なおに、かかった神は、 太古の時代から封じ込められていた、 丑寅の金神という神だった。龍体だっ…

闘う@女神たち

古事記は、わが国の創世記の神話なんだけど、 この神話体系の最高神が天照大神という太陽神で女神である。 この女神さまは、普段は、機織をしてはたらいておられる。 「ほかの神々はどうしているのかな」 と機織小屋からでると、それぞれ神々ははたらいてい…

王だけが@治せる病

一時期英国史が好きで、 エリザベス朝前後の英国歴史を気軽に泳いでた時期があったのだけど、 ホメオパシーが認知された国だけあって、 この国の根っこが、オカルトなんだということが、よくわかったよ。 魔女の社交界なんかもあるらしいね。 Sponsored Link…

国津罪@生膚断、死膚断、、ここだくの罪いでむ、、

大祓祝詞のなかで、国津罪と天津罪を列挙している場所がある。 「国津罪(くにつつみ)は、、、 生膚断(いきはだだち)死膚断(しにはだだち)、、、、、 ここだくの罪いでむ、、」 Sponsored Link // // 罪は2種類あるらしい。 天津罪は、怠りの罪だという…

腐るリンゴ@枯れるリンゴ

「リンゴが教えてくれたこと」 著者 木村秋則さん 書店さんでは平積みになっている自然栽培のパイオニアさんの書かれた本。 TVは見ないのだけど、NHKでも某番組で取り上げられたらしい。 (感動しちゃったよ。来世は農業にきめたよ) Sponsored Link // // 木…