読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ヒーラーの覚え書き的な日記

ヒーリング、スピリチュアル、代替医療、ホメオパシー、などを、忘れないうちに綴ってます

Sponsored Link

※当ブログの記事の無断転載、転用はご遠慮ください

国津罪@生膚断、死膚断、、ここだくの罪いでむ、、

日記

大祓祝詞のなかで、国津罪と天津罪を列挙している場所がある。

「国津罪(くにつつみ)は、、、

 生膚断(いきはだだち)死膚断(しにはだだち)、、、、、

ここだくの罪いでむ、、」

Sponsored Link

 


罪は2種類あるらしい。

天津罪は、怠りの罪だという、

自分で命をたってしまう自殺をはじめとして、

本能的な快楽に流されて

御霊を磨くのを怠ったりした場合の罪だそうな。

でもって、

国津罪というのは、行いから生じる罪だという、

盗むとか、人を殺傷するとか、詐欺とかがこれにはいるのかな。

蟲物(まじもの)せる罪とうのもあるので、

呪詛なんかも、これにはいる。

大祓祝詞の、

生膚断(いきはだだち)死膚断(しにはだだち)

ここの部分の意味はやっぱり、、

臓器移植のことを示唆し、予言しているんかい、

とおもうんだけどね。

 


ネットで見たんだけど、

あるグループが事故にあって、

臓器ドナーカードをもっていた人は、

手当てをしてもらえず、臓器を抜こうとしたとき、

痛がって暴れたものだから、

麻酔を打って、臓器を抜いたらしい。

でもって、

同じグループのでもっとひどい状態で、事故にあった人は、

ドナーカードをもってなかったので、

治療され、入院後、歩いて家にかえったらしい。


臓器を売買する闇の組織もあるという。


臓器移植、怖いよ。

やめようよ。そういうの。

<br clear="all" />