読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ヒーラーの覚え書き的な日記

ヒーリング、スピリチュアル、代替医療、ホメオパシー、などを、忘れないうちに綴ってます

Sponsored Link

※当ブログの記事の無断転載、転用はご遠慮ください

王朝の始まり@異種との混血

日記

王朝の始祖は、海の一族との混血からはじまっていることが多いですね。

わが国もそんな感じです。

天照大神の子孫の

彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊 ウガヤフキアエズさんは、

海の一族の豊玉姫を結ばれました。

 

トヨタマビメは海宮にて懐妊されましたが、

天神の子を海の中で生むわけにはいかないとして陸に上がってご出産します。

浜辺に産屋を作ろうとしたけど、

茅草がわりの鵜の羽を葺き終らないうちにトヨタマビメが産気づいたため、

「他国の者は子を産む時には本来の姿になる。

私も本来の姿で産もうと思うので、絶対に産屋の中を見ないように」

と夫に念をおして産屋に入って御子を御生みになりました。

でも、夫は、

「みないでね」

といわれると見たくなる人間の本性に従い、のぞいて見てしまうのね。

夫は、妻の本当の姿をみて腰をぬかします。

妻は、「ワニだった」とかかれていますが、

この時代のワニがなんだったのかは不明です。

アリゲーターではないのは確実だと思われます。

爬虫類っぽいイメージがぬぐえません。

異種であることは確かです。

豊玉姫は怒り、約束を破った夫の元を、子どもを残して実家へ帰ってしまいました。

その後、豊玉姫の妹の玉依姫が子どもの乳母として送られてきます。

その乳母であり叔母である玉依姫と、育った男の子と結婚して、男児が4人お生まれになりました。

4番目の子が、皇祖、神武天皇なのね。

今も、続いてます。

 

漢の高祖劉邦の父は龍だったとも言われてますね。

劉邦の母が水辺で眠っていると、龍がやってきて交わったという。

劉邦は農民の三男坊にすぎない、小役人でした。

その役職も妻のコネで得たものでした。

でも、秦帝国の没落と崩壊から乱世の風に乗って天下をとります。

父親と仲が悪かったということもあり、

劉邦は、父の子ではなく龍の子であるという意識をもっていたようです。

実際に、顔が、龍とそっくりだったそうですね。

前漢後漢と続くもっとも長く続いた王朝の祖となります。

 

漢よりもはるか昔の古代の創生紀には、女媧という女神がいたそうで、半身蛇だったそうな。

 これが、人類を作ったそうである。

 

欧州のメロヴィング朝の始祖は、メロビクという男性だったが、人間の女性と、ネプチューン=海神との間の混血だったとされている。

 その後、カロリング朝に取って代わられるまで続きます。

 

海辺の一族との異種婚のほかに、隣の朝鮮半島では、檀君という国祖がいるのだけど、

熊神とのあいだの混血だったという。爬虫類ではなく哺乳類です。

 

欧州の文化の発祥地のギリシアの神話は、神と人間との境目がほとんどなく、世界の行き来や、混血は自由自在でした。

その文化の流れをくむローマの国祖は、ロムレスという人で、神の王であるゼウスと、王女であり巫女である女性との間にできた子で、狼に育てられました。

 

ある時期、頻繁に興隆したた地球外生物かなんか、いたのかもしれませんね。

 

キリスト教の開祖さんは、異種の父ではなく、母単体で誕生したそうな。

 

逆説的に、出自が整えらた場合もあるでしょうけど、普通でないことを成し遂げる人は、異種であるひつようがあるのでしょうか。