読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ヒーラーの覚え書き的な日記

ヒーリング、スピリチュアル、代替医療、ホメオパシー、などを、忘れないうちに綴ってます

Sponsored Link

※当ブログの記事の無断転載、転用はご遠慮ください

龍@ドラゴン

日記

東洋の龍と西洋のドラゴンはちがう。

龍は神の使いだったり、

中国の皇帝の象徴だったりして、一概にいい印象をうけるけど、

西洋のドラゴンは、悪魔の使いみたいなかんじで、

悪獣のカテゴリーに入る。

すがたも、おぞましい。

身体はトカゲ、こうもりの羽根という姿が多く

お父さんはトカゲ、

お母さんはこうもり、

という姿である。

爬虫類のように、目つきがとってもわるい。

Sponsored Link

 

一昔前のファンタジー映画ネバーエンディングストーリー

のなかにでてくる白龍のファルコンは、

東洋的な龍としてかかれている。

のんきそうな犬の顔に、胴体が犬のような毛で覆われていて

長い蛇状になっている。

ただ、東洋の龍のように角がない。

お父さんは、コッカースパニエル、

お母さんは白い蛇、

という感じの姿で全身が犬のように毛深くて可愛かった。

東洋の龍は、

お父さんは馬、お母さんは蛇、3代目まえに鹿がいる、

という感じの容姿で、玉をもった姿で描かれることがおおい。

雲に乗り、雷雨を起こす。

色も様々で、白、黒、金、銀、赤、青、緑、虹色、など

役割によって色がかわってくるらしいい。

ご神霊の眷属だったり、化身だったりするけど、

なかには、自然の気が凝縮した結果生まれた

自然発生した龍もいて、なかなかバリエーション豊かである。

基本的に、吉祥であることは変らない。

 

中国では、雷は、龍が地上から天に昇ったときのありさまだという。

西洋のドラゴンはサラマンダーなんかのように、

火と関係しているかんじだけど、

東洋は水と関係があるようだ。

水気がないと去っていくらしい。

中国では、皇帝を龍と合一して、皇帝の顔を、竜顔ともいうらしい。

その影響が東アジアに広がった。

わが国も影響をうけてはいるのだろうけど、

基本的に、天皇=太陽で、

天皇さんのお体のことを、玉体とか、いうらしいから、

龍とは違うんだよね。

漢の高祖は龍の子だと称されていて、本人もそう信じていた。

顔が龍みたいな顔だったので、

それ以降、皇帝の顔を竜顔というとかいわないとか。

皇帝=龍となり、衣装の柄に、龍の柄を入れるのは皇帝のみ、

もしくは皇帝の一族に限られていて、

これを侵すと、三代か、八代か、忘れたけど、

一族が刑罰を喰らうらしい。

 

中国、韓国、日本、の龍は微妙に違う。

指の数が違うのだ。

中国の龍は指が5本。

韓国の龍は指が4本。

日本の龍は指が3本。

もし、龍にあったら、指をみせてもらおう。

ルーツが@わかるんだよ