読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ヒーラーの覚え書き的な日記

ヒーリング、スピリチュアル、代替医療、ホメオパシー、などを、忘れないうちに綴ってます

祝福による@縁切り

オノ ヨーコさんのお話。

ジョン・レノンとの交際、結婚、死別後、一貫して、この方は敵が多かった。

女性差別、人種差別、嫉妬、ねたみ、誹謗、味方はジョン・レノンだけ。そのジョンも目の前で暗殺されてしまう。

加害者となる人たちは、追い払っても追い払っても、追いかけてくる。

嫌いならかかわらなければいいのにと思うのに、やってくる。

Sponsored Link

 

で、あるとき、思いついたという。

敵対する人、意地悪する人を祝福することにしたのだ。

眠る前に、

「●●(いやな人の名前)に、祝福を」

「▲▲に、祝福を」

と、ことほいでいたら、いやな人、敵対する人、不愉快な人たちが、ことごとく自然に去ってゆき縁が切れたという。

意地悪する人、と、意地悪してくる人を寿ぐ人とは、レベルがちがうので引き寄せあわないらしい。

f:id:e-vis:20150912125331j:plain

似たお話で、或る手相家の先生にお手紙が来た。

ご年配の女性だった。

若いころ、ろくでもない男性と結婚した。呑む、打つ、暴力を振るう、で、極限状態におかれた散々な生活だった。逃げても逃げても追いかけてくる。しかし、ある日、悟った。

「そうだ、家に、仏さんがいるとおもうことにしよう」

ようは、な〜んにもしない人だから、生きた人間と思わなければいい。

仏さんに、供物をそなえるようにしてご飯をだし、お茶を出し、言葉使いもそれにになったものとして、3ヶ月。

ダメダメ夫は、たまりかねて、出て行ったという。

その後、誠実な男性と再婚し子供にも恵まれたという。

そんな内容のお手紙だった。

結婚運の悪さは、この人のカルマであるけど、それを3ヶ月で浄化してしまったのだ。

もし、うまく逃げおおせても、また、同じタイプの夫に捕まっていただろう。

先日、登山家の栗城さんの講演の仲で、栗城さんが、極限状態を乗り切り、登頂に挑むために一歩踏み出したとき、

「ありがとう」

という言葉が自然に沸いて出てきたそうな。この

「ありがとう」

は、これからおこるすべてのこと、辛いこと、に対する感謝の言葉だったという。

辛いこと、苦しいことがあってこその、自分だから、学ばせてくれてありがとう、の、ありがとう、だったという。

極限状態での、祝福は、万能の魔法だと思う。

でれでれなるままに@つれづれ