読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ヒーラーの覚え書き的な日記

ヒーリング、スピリチュアル、代替医療、ホメオパシー、などを、忘れないうちに綴ってます

Sponsored Link

※当ブログの記事の無断転載、転用はご遠慮ください

叶う@ことば

日記

カトリーヌ・ドヌーブ 

ご存知フランスの往年の大女優。

世界一の美女とも称されたべっぴんさん。

でも、子供のころは、容姿にたいするコンプレックスに悩んでいたらしい。

有名な俳優夫妻の間に生まれたものの、両親は華やかな姉ばかり可愛がり、黒髪で地味なカトリーヌは粗末に扱われていた。

f:id:e-vis:20150912125142j:plain

でも、鏡にむかって、

「私は、美人だ。世界一の美人だ」

と言い聞かせているうちに、長じて、あれだけの美女になったという。

ブリジット・バルドーを見出した映画監督のロジェ・バディムに見出されて磨かれスターになった。

変わらぬ絶世の美貌は、整形手術の賜物かもしれないが、顔かたちを修正してもスターになれない。

不遇だったときに内省を掘り下げて器を大きくしたんだろう。

Sponsored Link

 

忠犬ハチ公で有名な秋田犬ハチは、大学教授にもらわれてから、

ご主人様の教授に溺愛され、

「いい子だね、お前は、日本一の犬だよ」

と言い聞かされてきた。

教授の出勤の送り迎えをする、いい子になり、教授が勤務先で急死したあとも、駅前で待ち続ける姿は感動を呼び、なくなった後も銅像がたち、物語になり、映画になった。

ハチ公の物語は、映画にもなり、ここ数年、リチャード・ギア主演でリメイクされた。

久々に観たけど、秋田犬の演技がすごすぎる、上品ないい映画だった。ハリウットの作品は消耗品だけど、これは、普遍的ないい作品になってる。時代がたっても生き残るだろうな。

北米では一般公開されなかったらしいが、ドイツなどの欧州では公開されて好評だそうな。

国境民族を問わず、みた人は必ず泣く映画だそうな。

ロシアでも公開された。

ロシアのとある空港に住み着いている夫婦の犬がおり、メスがなくなっても側を離れないオス犬を、ロシアの人が、ハチコー、と呼んでいるとこみると、忠実な犬の代名詞になっている。

日本一どころか、世界一の犬になった。

昔のシータの生徒さんで、美人のホステスさんがいた。

鏡に向かってお化粧をするとき

「私は綺麗。かわいい。最高」

といいながらお化粧をしてたら、めきめき売れっ子になって、理想の男性と結婚した。

叶う という感じは、口 に 十 とかく。十回、口に言葉にすると、叶う、らしい。

明日は新月

おまけにクリスマスときている

つまることろ冬至の日だ。節目の日らしい。

さあ@願いを10回口にしよう