読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ヒーラーの覚え書き的な日記

ヒーリング、スピリチュアル、代替医療、ホメオパシー、などを、忘れないうちに綴ってます

波動のたかい@土地

本日、神戸にいってきましたが、神戸は波動がたかい土地ですね。

昔、神都があったといわれてますし、ほんとうに清清しいです。
逆に、神戸のかたは大阪にいくとしんどくなるようです。
大阪は、パワーがあって現実的に栄える土地柄ですが、たしかに波動が粗くて煩いところがありますから、しかたないと思います。

Sponsored Link

 

 

神戸の方は、基本的に神戸から動かない方が多いですが、京都もそうですね。

 

人間、いいところに住みたい、という気持ちや方向があり、お金ができたりすると、よりいい土地に移動するものだとおもいますが、その双六の最後にくるのが、関西では、京都と神戸ではないかなあとおもいます。

 

京都は、天皇さんが長くいらした土地というのもありますし、血統も文化もなにもかも保存し保管する役割をになっている場所だとおもいます。

が、波動となると、京都は歴史が長すぎて長期間滞在すると正直しんどいです。

昔は川に処刑所がありましたし、疫病や飢饉なんかあると、川べりに死体や死体になりかけの人が、遺棄されて、ずら〜〜っと横たわってました。


古い時代のころ、お公家さんのおうちでは、家で使用人が死んでしまうと自縛霊になってやっかいなので、川べりにすてにいってた、というか放置しにいってた、ということが長かったので、とある川のあたりを歩くとしんどくなりまふ。

川なんで、流していく波動もあるのですが、もとから住んでいるとか、抗体がないとしんどいですね。


お稲荷さんを崇拝していた歴史がながいので、狐さんにつかれて痒くなる人もいますし、むか〜〜しの甲冑を着た手負いの侍さんたちをみるひともいて、ある意味、エキサイティングは古都でありまふ。
伝統的な文化が芳醇な都市ですが、あまりに古いために、染み付いているものも多いです。


興亡をわけるものとして、土地のもつ運気というか、運というものがやはりあるようです。
土地の運気に関しては、日本より中国韓国のかたのほうがこだわるみたいですね。

とくに韓国の名流のかたのばあい、どの土地にお墓におくかは、重要な課題にようです

 

日本史上、最長政権を確率し、その支配範囲を最大に広げた徳川家を輩出した浜松は、今、世界的な自動車、工業産業の本拠地になってますが、偶然ではないと思いまふ。
浜松には、努力したものが最大限に広がるというテーマがあるのかもしれません。

 

名古屋もそんな感じですね。

天下分け目の戦が何度も古代から行われてきました。
織田家を輩出し、その臣下の武将たちのおおくが、江戸時代の大名になったことを考えると、名古屋も運のある土地なんだとおもいまふ。
現代では、フィギアスケートの日本のメッカですね。
小塚選手のおじいさんが基礎を築き、その後、世界的な選手を輩出してます。

外国では、バルセロナとか、フィレンツェとか、が、そうなのかな。
フィレンツェカエサルの家はここからでたというし、ルネッサンス発祥地でもありメディチ家も栄えましたね。今も美しさは変わりません。

 

欧州の国では、フランス、イタリア、ドイツ、など、スイスに隣接している国は、すべてメジャーな大国になるようです。

少し話はもどりますが、

今日、グローバル化とかいわれてますが、、、、

通貨の相場がどうなろうと、日本の自動車とかの業界は浜松から移動したらダメだよ!!!

 

絶対@ダメだから

ヽ(`Д´)ダメ~<