元ヒーラーの覚え書き的な日記

ヒーリング、スピリチュアル、代替医療、ホメオパシー、などを、忘れないうちに綴ってます

実例3 社会性の根幹 老中・城主

f:id:e-vis:20150827234620g:plain

ヒプノのセッションにおいて、いくつかのリクエストをした。


1 すぐ前の前世

2 今の仕事をしている根幹となっている前世 

3 8世紀 


まず、退行して、すぐ前の前世にいく。

 

 

【1 すぐ前の前世】


場所は日本。

時代は江戸時代後期か明治時代初期。


足元を見ると、白い足袋、ぞうりをはいている。

・場所は神社か神事会場。

・信者さんが一杯。

・神主装束のような服装。

・自身は、霊能者か神職のような感じ。

 この先はどうしても、進めなかった、

知らないほうが、いいような感じだった。


さらに進めて、今度は仕事の根幹となった人生へと進む。

 

 ★スポンサードリンク

 

 

【2 城主さん】

場所は、北ヨーロッパ

デンマークか、ベルギーか、そのあたりのような感じ。

時代は中世以前。小さな教会をそなえた城砦に住む。


とがった桃形のヘルメットを被り、白に赤い十字の柄の装束を着て、下には鎖帷子を着込んでいる騎士であり、城主でもある貴族の男性。

薄い色の髪、翠色がかかった瞳、口ひげを生やしている。

性格は優柔不断。いつも迷っている。

これでいいのか、これで正しいのか、いつも迷いながら生きている。

妻は金髪の女性。これが今の母親らしい。


戦争がおこる。

戦場に居並ぶ騎士たち、兵士たち。

戦いたくないし、この選択で本当に正しいのか、と迷っている。

 

必要もないのに悩み迷いの人生だった。



【2 老中さん】

さらに進めていくと別の人生がへ進んだ。

先の、城主さんと一対になっているらしい。

 

場所は日本。時代は江戸時代後期。

老中にまでなった人物。

後世の評判は(最近見直されているけど)賄賂政治をしたといって非難されていて良くない。
父の代に徳川8世にしたがって紀州からやてきて、近習から老中まで駆け上がった幕僚。
妬みを、しこたま買ったが、ぜんぜん、気にしない性格。


江戸城の詰め所で、書類作成に励んでいる場面。

 

さらに時間を進めると、居間で刀の手入れをしている姿。


さらに時間を進めると、籠の中。

何かに囲まれている。
歴史では病死ということになっているが、もしかしたら暗殺だったのか、あるいは、未遂に終わったことがあったのかもしれない。

寿命が尽き、そのまま昇天。


悔やみもなにもない。ただ、信念を貫き奉公した。

テーマは信念を貫くこと。

非難されようが、間違っていても貫く。

城主さんと、老中さんの人生は、一対なっているようである。

暗殺も没落も死も運命である。

それにいたる経緯において、いかなる信念が支えているのか、
つらぬけるのかが、個々の人生の耀きや価値を決定するんだよ。
流動する時代のモラルや規範をもとにきまるのではなくて、
信念を貫く覚悟と行動によって、魂の人生の耀きが、きまるんだよ、


というメッセージだったような気がする。

「断じて行えば、鬼神もこれを避く」 

という感じ。

 

 続いて、8世紀の人生に誘導。

このころ、僧籍にはいってただろうな、と考えていたが間違い。
天皇だった。

つづく

 

  ★スポンサードリンク