元ヒーラーの覚え書き的な日記

ヒーリング、スピリチュアル、代替医療、ホメオパシー、などを、忘れないうちに綴ってます

ヒプノセラピーとは

f:id:e-vis:20150828164724j:plain

ノーマ・ジーン・ベイカー。

1926年アメリカ生まれ。

彼女は、長じて、マリリン・モンローになります。

マリリンは、成功した女優というだけではなく、前世期を代表する女優であり、20世

紀最大の女性のシンボルとなりました。

 

孤児からスターにのし上がったマリリンは、アメリカならではの、立身出世を果たし、まさに、アメリカン・ドリームを体現しました。

 

 

孤独で貧しい孤児だったマリリンは、長じて絶世の美女となり、彼女の幼少時からの夢の通りに、苦難の果てに勝利して、世界的なスターになり、子供のころ死ぬほど渇望してたもの、富、名声、愛を手に入れたのです。

★スポンサードリンク

 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/マリリン・モンロ

でも、世界一の美女になったのに、夢かなったのに、マリリンは、事あるごとに、

「自分は価値がない」

「自分を愛してくれる人はいない」

「自分は醜い」

という、思い込みにとらわれ、落ち込み、愚痴をいい、周囲を困らせ、周囲をうんざりさせてたという証言が、数多く残っています。

おそらく、

「自分は価値がない」

「自分を愛してくれる人はいない」

「自分は醜い」

と思わせるような環境で育ち、

 

「あなたには価値がない」

「あなたを愛してくれる人はいない、あなたが嫌い」

「あなたは醜い、かわいくない」

言われながら育ったのかもしれません。

 

自信をもって、カメラの前に立たせることが、どんなに難しかったかは、マリリンの自伝には、監督さんをはじめ沢山の方の証言として書かれてます。

  

世界一、商品価値のある女性でありながら、セックスシンボルとして、世界一愛される女性でありながら、世界一美しい女性でありながら、その現在を受け入れきれず、薬物中毒になり、人間関係を崩壊させ、亡くなってしまいまいました。

 

マリリンは、孤児として、あちこちの里親の間を盥まわしにされ、孤独な子供時代を送ったときの、思考パターンや行動パターンに、成人した後も支配されてたようです。

今、目の前にある富、名声、3回の結婚、大統領をはじめ著名な愛人たち、それらをもっても、癒されなかったということでしょうか。

いかに、過去の記憶や作られた思考パターンが、大きいものかを教えてくれます。

解決しないまま、成人して生きていくと、行き詰まりがでてくるのは、当然かもしれません。

 


人の意識

何か、外部からのアクションがあったとして、どう反応するかは、選択するのかは、本人の性質、性格で変わってきます。

 

例えば、贈り物をもらった場合、、、

喜ぶ方、不安になるかた、お返しをしないといけないと義務を感じて苦痛に思うかた、価値が気になる方、、、、いろいろ個々の性格や性質によってかわってきます。

 

例えば、レストランに入った時、

身体にいいものを選ぶ、食べたいものを選ぶ、人と同じものを選ぶ、価格できめる、など、これも、個々の正確や性質によって変わってきます。

この選択の積み重ねが、未来の、体調や体質を決め、人生も決めたりします。

 

常に不安とともにいる人が、います。

特に理由もないのに、不安でたまらない、必ず失敗すると、どこかで感じている。

 

あるいは、怒りが自分の性格の一部になっている方もいます。

常に怒りがともにあり、対人関係に影響している。

あるいは、全ての考え方や行動が、悲しみと孤独に帰一する人もいます。

 

わざわざ、失敗する選択をする、不幸になる選択をする。

だれしもが、幸せになりたい、豊かになりたい、と思っているはずなのに、選択の結果は、違うところに着地している。

いつも、攻撃的になってしまう。

いつも、落ち込んでいる。

いつも、失敗するほうを、選んでしまう。

こうしたいのに、できない。

いつの間にか、全然ちがう方向へ進んでいる。

「何故だろう」

不思議に思ったことは、ありませんか。

 

性格や性質、考え方、行動、全て、ご本人の意識から発せられていますが、人の意識は、どんな構造をしているのでしょうか。

 

意識は3つに分かれているといいます。

f:id:e-vis:20150828152327g:plain

 

人の意識

①12% 顕在意識・理性・知性・意志、

自分が今、把握している意識です。

 

②78% 無意識・感情・自律神経

0歳から13歳くらいまでの記憶と体験が、その人の基盤となり、人生に影響するといわれています。

記憶と経験が作るパターンやプログラムが、無意識のプールに保管され、思考パターンとなり、行動パターンとなり影響を続けていきます。

 

よい、悪い、楽しい、苦しい、などの2元性がない場所です。

現実と想像の区別がなく、ただ、記憶とイメージが、一緒になって無意識のプールに保管されています。

 

①の健在意識と②の無意識を分ける膜(クリティカルファクター)は、何回かにわたって強化されていきます。

 1回目は、6歳前後。

 2回目は、12歳~13歳前後。第二反抗期の時期です。

 膜を強化することで、自分をもまるのです。

 

③10% 原始の意識・ 防衛本能、生存本能 

生きるために食べる、生きるために逃げる、生きるために戦う、、、

生存するための本能が、10%をしめるといわれています。

 

ダイエットに禁煙、人にやさしくしようとか、勉強しようとか、運動しようとか、いろんな高尚なも目標が挫折しやすいのは、12%の健在意識よりも、圧倒的に巨大な78%の潜在意識が影響しているのかもしれません。

「何をやっても無駄」

「また失敗する」

などの、思い込みが蓄積されているのが、潜在意識のプールです。

  

ヒプノセラピーでは、②の78%の無意識の領域にアクセスし、記憶と向き合います。

そして、今の自分が、過去のネガティブな記憶、体験、と向き合うことで、知ることで、大きく感じていた問題が、小さいものだと認識で来たり、もう、過去のものだとわかったりして、記憶や意識を消すことはできませんが、見方を変えるとで、小さいものにしていくことは、できるのではないかと、思われます。

 

その人が思った通りになる、

といわれますが、思考の材料となる潜在意識のプールの中の記憶が、その人をつくり、将来をつくるといういことになります。

潜在意識の中のプールにあるものが、ネガティブなものばかりの人と、ポディシブなものばかりの人とでは、当然、将来も性格も変わってきます。

 

では、無意識の世界に、意図的にアクセスするためには、どうしたらいいのでしょうか。

 

 

 脳波

普段は意識してない意識に、アクセスするために、音楽と催眠誘導を行って、脳波を調整します。

人間の脳波は、常に変化し続けています。

f:id:e-vis:20150828161703g:plain

①β(ベータ)波

普段生活しているときの脳波です。

 

②α(アルファ)波

リラックスしたときの脳波です。

お風呂に入ったり、リラックスできる音楽を聴いたり、きれいな夕日を眺めてたり、電車の中で揺られて、うとうとしたり、、、1日十数回は、起きているときも、この脳波になるといわれています。

 

③θ(シータ)波

眠りの脳波です。

霊能者さんたちが、病気を治したり、奇跡を起こす時の脳波が、θ波といわれています。

 

④Δ(デルタ)波

 θ波より、さらに深い脳波です。

 

 

 ヒプノセラピーは、②のα波の状態で、アクセスしますので、意識が常にあり、続けるか、やめるか、などのコントロールが可能です。

 

 

 関連著書

「前世療法」「前世両方2」ブライアン・L・ワイス(山川鉱矢・亜希子訳)

「いきがいの創造」飯田史彦著

「輪廻転生」J・ホイットマン

など。

★スポンサードリンク