元ヒーラーの覚え書き的な日記

ヒーリング、スピリチュアル、代替医療、ホメオパシー、などを、忘れないうちに綴ってます

デトックス@紅茶

www.youtube.com

紅茶

f:id:e-vis:20160130201901j:plain

英国人といえば、紅茶。

毎日毎日とると、その摂取物の貴重が性格に影響をあたえます。

しいては、上流階級の性格や大英帝国の国家の指針にも影響したかもしれません。

 

Sponsored Link

 

 

 

紅茶のレメディーであるtheaの代表的な基調は、

「多弁になる」

という基調があります。

f:id:e-vis:20160130104931p:plain

Theaの基調の「多弁」は、不思議の国のアリスの、3月うさぎの庭園で開かれている、マッドティーパーティーににています(A Mad Tea-Party)。

このシーンに、いかれ帽子屋 (The Mad Hatter)が登場しますが、言っていることが支離滅裂です。ちなみに、この時代の帽子には水銀が使われていたので、精神を病む帽子屋さんが多かったそうです。

 

f:id:e-vis:20160130202213p:plain

沢山椅子が空いているのに、席がないという。

ワインがないのに、いかが?とすすめる。

大ガラスが机に似ているのはナゼ?

 

f:id:e-vis:20160130202350p:plain

答えのない質問を、アリスにし続けます。

多弁で、空想に走り、そして、支離滅裂です。

脾臓が弱るとこうなるらしいです。

 

さらには、

「子供を殺したくなる」

という基調もあります。

紅茶をとれば、必ずしも、このような精神基調になるかといえば、違うとおもいますが、このような基調を持ち、かつ、毎日摂取しているなら、theaのレメディーが役にたつつかと思われます。

 

紅茶の木は、自然に育てば、巨大な大木になるそうです。

それを、人が若葉を積みやすくするために、小さく成長しないようにしているようです。紅茶の葉も若葉のうちに摘み取られてしまします。

それが、

「子供を殺したい」

という精神基調の波長につながるのかは、わかりませんが、  

「おしゃべりが止まらない」

「子供を殺したいという妄想がわく」

上記のような基調を持ち、育児ノイローゼなどに悩んだり、とりとめのない事に没頭したりするかたは、心理カウンセリングに通うのもいいのですが、紅茶を常飲している場合は、飲料を水にかえ、デトックスされるのをお勧めしますね。

案外、これで解決できるかもしれません。

 

Thea Chinensis 

f:id:e-vis:20160130201915j:plain

テア チャイニシス

影響を及ぼす領域

精神、神経、胃、睡眠。

基調

悪化:夜、食後、冷水、外気

好転:外部の温かさ、温かい風呂、

・自分の子供を殺したいという突然の衝動

・活発な精神活動による不眠

・悪寒

・胃が垂れ下がって弛んでいるようなかんじ

 

『シノップティック・マテリア・メディカ』より

 

 

紅茶などお茶の飲み過ぎは、胃のみならず、脾臓に負担がかかると聞いています。

 

脾臓

http://www.jikeisurgery.jp/diseasegroup/hpb/spleen/

脾臓の主な働きは、老化した赤血球を破壊し、除去することです。健康な赤血球脾臓内の網目構造をすり抜けますが、老化あるいは変形した異常赤血球脾臓内に引っ掛かり、破壊されます。また、脾臓は血小板の貯蔵庫としての働きもあります。通常、脾臓は全血小板数の約3分の1を貯蔵しており、必要に応じてこれを放出します。また、脾臓内にはリンパ球が沢山あり、体内で最大のリンパ器官とも考えられています。このため、免疫機能とも深い関係があります。

 

脾臓がおかしくなると、

http://o-medicine.net/oriental-medicine/viscera3/

 ● 食欲減退 ● お腹の膨張 ● 下痢 ● 浮腫 ● 内臓下垂

● 痩せ衰える ● 活力がでない

● 味がしない ● 味覚異常 ● 口が苦いや甘いなど

● 消化不良 ● 便秘 ● 嘔吐 ● 口臭

 

f:id:e-vis:20160130202213p:plain

 

空想が次々に浮かんできて地に足つかない、眠れない、というのも、脾臓を悪くすると、そうなる傾向があると聞いています。 身に覚えのある方、

 

毎日、紅茶を飲んでませんか?

 

私ならこう呑む呑み方(1週間~1か月くらい)

朝 Thea(紅茶)30c

夜 China(脾臓サポート)30c