元ヒーラーの覚え書き的な日記

ヒーリング、スピリチュアル、代替医療、ホメオパシー、などを、忘れないうちに綴ってます

デトックス@こう思う

www.youtube.com

 

今回は、一休みして、、、

嗜好品によるソフトな中毒に関しては、あまり、潔癖になる必要なないかな、と思います。

 ちいさな中毒によって、巨大な病を回避していることもあるからです。

f:id:e-vis:20160131235935j:plain

 

基本的に、人間は2つの病気にかかれないとされています。

後輩の子のケースで、強度の精神性の疾患の女性が、レメディーの投与により、疾患が精神から肉体に移動し結核になったそうです。深い病から、より浅い病に移動したと考えられます。結核になっている間は、精神疾患はあらわれず性格も穏やかに激変したとか。でも、結核がばれて投薬によって結核が「完治」すると、また、精神に疾患がうつったそうです。

精神病の方が好転すると、風邪をひいたり、あるいは、上記のケースのように結核になったり、ということになります。病が浅いほうへ移動したからです。

 

Sponsored Link

 

 

 

乱暴なたとえなのですが、

皮膚・腸→肺→五臓→血骨→精神、

細かく表記すると長くなるので、おおざっぱに書くとこんな感じです。

病は、浅い部分から深い部分へと、抑圧するたびに移動するようです。

治癒するときは、この順番を逆に遡っていきます。

最後は、たいてい皮膚疾患に来ます。ここを辛抱すれば治癒するのですが、細胞の再生と入れ替わりは結構長くかかります。アトピーや蕁麻疹のような疾患が、2年くらいかかる場合もあります。

よくあるケースが、皮膚疾患の方が、湿疹などを薬で抑圧した後、疾患は肺に移動し、ぜんそくなどの肺の疾患が立ち上がります。肺の疾患を抑圧すると、つぎは、臓器に、という風に、浅い臓器から深い臓器へと移動していくと教わりました。

なので、昔の疾患がでてくるということは、治癒に向かっていると考えることもできます。細胞は覚えていて、「あの時の病気だ」とわかります。経験済みです。

 

話をもどしますが、現代人は、タバコ、コーヒー、など、軽度の中毒になることで、発狂などの巨大な病気にかからないようにしているところもあるとおもいます。

なので、毎日コーヒーを飲むとか、軽度な中毒は、あまり、気にしないほうがいいとおもいます。ただ、それが要因で、行き詰まったり強調されてきたなら、レメディーなどによる排毒が必要かなと思います。でも、コーヒー中毒が治っても、べつのものに中毒すると思います。チョコとか、ミルクとか、あるいは、摂取物のほかには、マラソンとか、絶食とか、音楽とか、いろいろですね。

ソフトな中毒を絶つだけでは解決せず、その根幹のストレスをどうにかしないと、解決はしないように思います。そして、そのストレスが、はたして、どうにかなる規模のものかどうかは、わかりません。

 

より安全なソフトな中毒に移行させる、という考え方でいいのではと、思います。

 

遺伝的要素も関係するので、中毒するという体質は終生変わらないと思います。

ドラッグやアルコール中毒を、タバコやコーヒー中毒し移行させ、あるいは、マラソンやネットなどの軽度な中毒に移動させていくというのが、「治療」とおもっています。

さらに、その「中毒」を、前向きで発展的なものに移行していくのが、セラピストの腕なのかなとおもいます。

土壌にあるパターンは、消し去ることはできないとおもいます。

f:id:e-vis:20160131231300j:plain

汚染のない時代の人を今の現代社会に連れてくると、発狂したり発病するそうです。

携帯電話やパソコンなどの普及により、電磁波がすごいことになってるようです。さらに、空気中には毒物が含まれ、雨に空気中の有害物質が混じるので、水も土壌も汚染されています。放射性の汚染は311だけではありません。各国の原子力発電所で、放射能漏れをしてないところがあるのでしょうか。近い国の韓国は、道路のアスファルトから放射線が検出されるそうです。使用済みの放射性物質を「リサイクル」、しているそうです。なので、韓国では、甲状腺がんなどの発病が異常に多く、311直後の福島どころではないそうです。検査をうけると、疾患している率の数値があがるので、検査をするなと、意味不明なことを政府がいっているそうです。技術的にも未熟な韓国ですから、放射性の漏れがあたりまえでしょう。自らも、技術力のなさを自覚しているので、原子力発電所はみな、汚染された空気が日本にいくように工夫して建設しています。嫌がらせの為です。

そんな国が隣にあります。日本だけではなく、先進国も後進国も、同じ地球にいて同じ空気を吸っていますので、世界中どこもおなじような環境だと思います。 

f:id:e-vis:20160131231345j:plain

我々が、いちおうは、普通に暮らしているのは、汚染が身体と精神の一部になっているから、かな、と思うことがあります。

軽度な病にかかることで、巨大な病や大量死を避けているように思います。

 

ソフトな中毒のはずが、心身に影響をあたえ、邪魔をしている場合や、明らかに有害な水銀などの有害物質は解毒したりする必要があるとおもいますが、潔癖になる必要はないとおもいますね。

 

残念ながら、汚染は、急には解決しません。

今から人類総力を上げて頑張っても、2~3世代はかかるでしょう。我々は、汚染とともに生きており、汚染を一部にして生きているのが、我々の世代です。

むしろ、毒のまったくない身体、ピュアすぎる心、になると、かえって、現代社会で生き辛いのではないかと思うケースが多くみました。

自然派の方たちのなかには、心身の解毒と汚染に立ち向かうのが精いっぱいで、人生の意義が果たせず足踏みしているケースは多いのではないでしょうか。

 

雑音のない快適な社会生活や人生を送るために始めた、心身の解毒や生活スタイルが、宗教のような信仰のようなものになり、日々、苦行しているふうに見える方もいます。ご本人が幸せならいいのですけど、手段が目的になってしまうと問題かなと思いますね。

 f:id:e-vis:20160131224944j:plain

原作の『風の谷のナウシカ』のラストで、ナウシカの前に、放射能や毒物に汚染された大地と生き物を、最終的に取り換える計画を推進してきた「地球の救世主たる光の主」が姿を現します(ワンワールドの、イルミナティっぽいです)。

この存在は、代々、地上の王に技術を与えながら支配し、地球の浄化が進んだ暁に、生き物を交換する計画を推進してきました。

前時代の善意で計画され作られ推進された「地球の大地と生物の浄化」する計画と、それを推進している存在が、ナウシカに協力の要請するのですが、

ナウシカ

「我々は腐海とともに生きてきた。滅びは我々の暮らしの一部になっている」

と、言いはなち、彼らの言う「滅び」を選び、拒否するのです。

そして、ナウシカを「ママ」とよび従っている巨人兵に命じ、巨人兵のエネルギー砲をぶち込み、前時代の善意でつくられた計画も施設も何もかもぶち壊すシーンがあります。巨人兵のエネルギー砲により、浄化した後の大地に復活するはずの、純粋な人間の卵や生き物たちの卵が破壊されます。

大好きなシーンです。

ナウシカは、罪深さにおののきながらも、旧時代の理想と善意がもたらす、ナウシカの生きている世界の巨大な弊害を破壊したのです。西洋的な単調な善悪の観念を凌駕した宮崎氏の偉大さが現れているラストシーンだと思います。日本人にしか書けない結末だと思います。 

f:id:e-vis:20160131225614j:plain

 現代にも、一部、通じるところがあると思います。

汚染の是非の問題ではなく、汚染とともにあるから、汚染のある社会環境で生きていられるということもあるとおもいます。心身のデトックスが完全な人は、今の時代、今の地球上の文明では生きていけないでしょう。

 f:id:e-vis:20160131224316j:plain

個々の性格においても、トラウマがあるとか、性格が歪んでいるとか、いろいろありますが、迷惑かけあいながら暮らしているのが人間なのです。

生きていると「多少、腹の立つこと」があって、成長したというケースが多いと思います。

言い換えれば、犯罪行為は別として、皆さんの他人に対しておこなった「多少、腹の立つこと」のせいで、皆さんが迷惑かけた方たちも成長しているのです。

別に、病むほど気にしなくていいのです。

数千種類あるレメディー達は、それに気づかせてくれたりします。

 

もちろん、次代に健康と環境を残すというのは、我々の世代の巨大な課題です。