元ヒーラーの覚え書き的な日記

ヒーリング、スピリチュアル、代替医療、ホメオパシー、などを、忘れないうちに綴ってます

悠仁さまお誕生日@天皇家の体質

Sponsored Link

 

 

久しぶりの更新です。

うわー、3か月ぶり。

まだまだ残暑がきついですね。いかがお過ごしですか。

 

もう一つのブログで皇室のことを主に書いていますが、記事を書くたびに、祭祀王の家系である天皇家の体質を考えてしまいます。

宗家は祭祀王、皇位を継承しない親王法親王として仏門に入られるのが強制的に決められていました。

天皇家は台所が苦しいので、経費削減のため内診王は后妃になる場合や降嫁先が決まっている場合以外は、尼寺の門跡になり、これまた勤行三昧の一生を終えられるのが通常のコースでした。

 

守護霊というのが、人それぞれついていて守っているのですが、たまに、前世でかかわりの深かった方もつくそうですが、たいていは、僧侶だったり武士だったり庄屋や医者など、知識階級や支配階級の仁徳の高かった先祖が多いそうです。

天皇家の場合、先祖がみな天皇法親王、門跡で埋まってますので、生半可な霊症や攻撃なんかはビクともしないでしょうね。もちろん、本物の皇族だった場合、の話ですけど、、、。

 

正式な后妃宮妃から誕生した親王内親王、王、女王以外にも落胤と言われる方々は多くいたらしくて、有名どころでは、明治天皇落胤である「堀川辰吉郎氏」が有名ですね。大正天皇と同日同時間に生誕したので、皇位継承の争いのなる可能性があるので、里子にだされたとか。

中丸薫という陰謀落語家が、自分は氏の娘だと詐称しビジネスに利用してますが、ぶっちゃけ詐欺師です。履歴を見る限り、この方の生母と堀川氏に接点がないうえに、堀川氏のご遺族の方たちも迷惑しているとか。もともと、一滴も日本人の血が入ってない方で父は中国人、母は韓夫人とよばれた女性で日本人ではないでしょう。

f:id:e-vis:20160906201213j:plain

一昔前、有栖川宮夫妻を名乗ってビジネスをしていたカップルがいて逮捕され服役しましたが、出所後も懲りずにニセ皇族ビジネスをしているとか、、、。

中丸といい、この偽有住川と言い、非日本人の方のなかにはアホな嘘ばかりつく方がでてきて迷惑をかけるのでしょう。国籍剥奪の上、国外追放ができないのが残念です。

 

有名な天皇家落胤の一人が、出口王仁三郎さんですね。

f:id:e-vis:20160906201048j:plain

有栖川宮落胤だったといわれてます。

真実であっても、皇統であると宮内庁は認めないでしょう。

でも、あれだけの霊能力をもち、裕仁天皇と一対になった尋仁(道名)だったかたですから、ありえるなーと思います。

 

『誰も知らなかった日本史』

著者は出口恒さん。

出口王仁三郎の曾孫にあたる方だそうです。

切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実

切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実

 

 

内容紹介
国家の未来を占う《皇国の神術》が存在していた!
孝明天皇の予言が記された『たまほこのひ可里(かり)』とは?
それを得るために使った『切紙神示』そして『八紘一宇の数表』とは?
幕末維新そして昭和の終戦までを一直線に貫いた救国のリレーがついに明らかにされる!

孝明天皇は切紙神示を「皇国の神術」あるいは「神国の秘法」と呼び、国家の未来を占った。これは従来の日本史ではまったく知られていない。実は私が生まれた実家――そこは私の曾祖父である出口王仁三郎が晩年を過ごした家でもある――で、平成十年(一九九八)に発見された『たまほこのひ可里(かり)』という筆書きの文書によって明らかになったことである。
そして孝明天皇がこの宮中秘伝「切紙神示」で最後に受け取った予言は「日本の三種の神器と日の丸の御旗(みはた)を米国は奪う企み、油断するな」であった。
これこそが孝明天皇が攘夷に徹底的にこだわった理由だったのだ!

日本を救いたい一心で身命をなげうたれた孝明天皇
その遺勅を守り通して玉鉾(たまほこ)神社を建立した旭形亀太郎
師の命を実行するために心血を注いだ佐藤紋次郎
当時皇位継承権第一位だった有栖川宮熾仁(たるひと)親王
その唯一の直系男子だった出口王仁三郎
傑出した人物たちが織りなす救国のドラマ
大室寅之祐=明治天皇すり替え説にも回答

(以上)

f:id:e-vis:20160906201138j:plain

孝明天皇の予言を中心に展開された裏日本史、という感じの本になっています。

ネタばれになるので、詳細は書きませんが、オープンソースのみで構成された日本史では、つじつまが合わない部分や飛び石のようにつながらない部分がでてきますが、こうした情報で繋いでいくと、パズルは完成します。

 

明治天皇すり替え説も、幕末の政治動乱の中で孝明天皇が譲位を考えてたおり、5歳だった明治天皇を考慮に入れず、成人していた男系宮家から後継者をというお気持ちだったことに触れています。3代前は、7歳で践祚した天皇もいるのに、除外した理由は?とありますが、、この辺はオカルターの間で有名な裏天皇の話につながるのだと思います。

幕末の雰囲気だけではなく日本史がどういう力と意志で動いてきたか、わかる本になっています。

ご興味のある方は、一度拝読してください。

 

世界統一

f:id:e-vis:20160906201522j:plain

話を現代にもどしますが、代々、霊能者としての家系の天皇家を考えていくと、なぜ、大霊能者で神人だった昭和天皇が、正田美智子に化けた複数の得体のしれない女どもや、明仁親王の実子ではなく托卵の疑いの高い徳仁を受け入れたままにしていたか、という答えがわかる気がします。

 

もちろん、昔から天皇には権威はあっても権力がなく、自由に物事を決めることはできない存在でした。

が、天皇という祭祀王が代々人間個人の小さな人智を超えた神智と合一していたから、神国日本の未来も皇室の行く末も、最後は大慈愛に帰一する結果になると、人は最終的には巨大な神仏の大御心にお任せするしかない、という楽観的なお気持ちで昭和天皇は思っておられたのかもしれません。

 

出口ナオさんの御筆先や、黙示録など数多くの予言に共通しているのは、世界の統一とそのあとに来る日本を中心とした恒久平和と高度文明の発達した理想社会の実現です。その双六の上りまでの、天変地変も予言も共通しています。

 

イルミちゃん&石屋さんも、神国日本も、バチカンをはじめキリスト教も、イスラム教も、共産主義国家も、同じ山を別のふもとから山頂を目指して、それぞれが必死で登っているのでしょう。

最近の情勢を見る限り、数多くの予言どおり世界が日本を中心に統一に向かっているのは確かなようです。

 

吉兆と神意

こちらはスカイツリーの二重の虹

f:id:e-vis:20160906193418p:plain

 

BBさまのブログより、、

最後に日本を護る力 悠仁親王殿下 《転載ご自由に》 - BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。

f:id:e-vis:20160906194945j:plain

スカイツリーは、高野槇をモデルにしていること

スカイツリーには、3本の高野槇を植林していること

高野槇は、悠仁親王のお印であること、を指摘されています。

f:id:e-vis:20160906195440j:plain

悠仁さまご誕生時は吉兆が続きました。

www.youtube.com

ちなにみ、愛子さん誕生時には吉兆はありませんでした。

明仁皇太子、正田美智子のご成婚

伊勢湾台風

徳仁親王、小和田雅子のご成婚

→コメ不足、米という字はメソポタミアの文字で神を意味するそうな。

文仁親王、紀子妃のご成婚

→災害なし

神意はあきらかですね。

 

名古屋

f:id:e-vis:20160906195548j:plain

こちらのブログさんによると、次の遷都先は名古屋とのことですが、、、

関西への移転 | 仙台IT社長ブログ

http://www.namisato.net/2016/09/05/4275/

詳細はかけないのですが、名古屋の熱田神宮熊野大社と霊的に関係が深いんですね。スサノオ系の熊野と、天照系の伊勢とは系列が違うようです。

秋篠宮様のお印は和歌山原産の栂

・紀子妃殿下のルーツは和歌山

紀宮さま紀子さま、の「紀」、和歌山の旧称は紀州

和歌山に関係がありますね。

伊勢の天照系から熊野のスサノオ系へ、皇統の移動とともに移動があるのかなと思ったりしました。

 

悠仁さま

最後に、悠仁さま、お誕生日おめでとうございます。

画像はBBさまより拝借してます。

f:id:e-vis:20160906195809j:plain

今日は、道鏡が失脚した日。

皇統が守られた日でもあります。

f:id:e-vis:20160906195746j:plain

昭和天皇の次弟宮の秩父宮さまに似てらっしゃるのよね。

f:id:e-vis:20160906195935j:plainf:id:e-vis:20160906200118j:plain

 やっぱり、天皇家の体質も受け継いでおられるのかしら。

直系先祖が全員天皇ですからね。

いったい、どんな凄い守護霊が悠仁さまをお守りしてるんでしょ。