読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ヒーラーの覚え書き的な日記

ヒーリング、スピリチュアル、代替医療、ホメオパシー、などを、忘れないうちに綴ってます

遠景にいる人

ある件を調べていたら、おもいがけない人の名前が出てくることがあります。

f:id:e-vis:20170404112924j:plain

覚せい剤で逮捕された男性歌手ASUKAさん。

どうやって立ち直るのか更生は可能なのか、興味があるのでたまにASUKAさんのブログを読みに行きますが、干された朝鮮系芸人だったとんねるずを「今、みている」とか書いてますから、あちら系の方みたいですね。横顔を確認したら朝鮮耳っぽい耳でした。

もちろん芸能界は、別に何系でも構わない世界です。売れればいいわけですから。キムタクや明石家さんまさんをはじめ、在日さんは芸能界には多いです。

日本の芸能界に在日さんが多い要因の一つが、日本民族朝鮮民族の気質の違いがあると思います。

半島の情勢と歴史をみるに、これをすれば、こうなる、というのを考えるのが苦手というかしない方が多いですね。全ての人に当てはまりませんが。

いい意味では今を生きているのでしょう。

芸能界に挑戦する人は、成功が約束されているほどありあまるほどの才能があるか、売れなくても失敗しても問題のない資産家の子弟か、「これをすれば結果的にこうなる」ということを考えるのが苦手で、今の瞬間を生きている人が入る業界だと思います。

日本人は堅実で長いスパンでものを考える国民性ですから、今の100万を得るために生涯の1億を失う危険がある芸能界は躊躇するでしょう。でも今しか生きていない人なら、芸能界や風俗はおいしい仕事なのかもしれません。在日さんの比率が多いのはその辺もあるかなと思ったりします。

Sponsored Link

 

 

 

話をもどしますが、ASUKAさんは、左翼、芸能人が連携した安保法案反対には参加してなかったと思いますが、それどころじゃなかったんでしょう。

ASUKAさんの歌は最高でしたが、別の案件で調べていくと、女子高生コンクリート詰め殺人事件をはじめ、関東連合や朝鮮系が噛んでいる芸能事務所や暴力団や事件、あるいは朝鮮系小泉や同和平中平蔵の郵政改革など、同和朝鮮がらみの事件や組織、陰謀策謀の周囲や遠景にASUKAさんの名前がみられることが多いですね。当事者ではないんですけどね。あらゆる業界を超えて地下ではつながっているのがわかります。

f:id:e-vis:20170404131449j:plain

ASUKAさんは、犯罪と悪徳と淫蕩がまじりあう沼のような世界から、歌を発信してたわけです。私は、そんなASUKAさんを日本のシナトラと呼びたい。

f:id:e-vis:20170404113857j:plain 

シナトラもカルトと犯罪と淫蕩の沼のような世界に身を置きながら歌を歌ってた人です。ただ、薬には呑まれなかったとおもいますが。

f:id:e-vis:20170404131449j:plain

気になるのは、上の相関図に創価大學の延長に創価学会、そして国連大学なんかを加えると、きれいに皇室に雅子がらみでつながってしまうんですね。

雅子のマイバッハ、これ、某暴力団関係の所有する車だと書き込みがありましたが、本当でしょうか。ならば堂々と黒い相関図に東宮御所が入ってきます。

 

ほかに、意外なところに見かけるのが幸福の科学

青林堂の株主だそうですね。

創価ほどたくさんの信者さん会員さんを抱えているわけでは無さげなのですが、妙にお金を持ってますね。そして妙に力もあります。パチンコに筆を売ったため侮蔑を買い信者も読者も失い、前ほど本は売れないのに羽振りの良さげな小林よしのりと通じるところがあります。

f:id:e-vis:20170402140539j:plain

昔、管理人がインストラクターをしていたヒーリングの団体がありました。最近別の案件でしらべていたら、偶然に幸福の科学の幹部がヒーリングの日本支部の顧問をしていることを知り腰が抜けるほど驚きました。今は、団体とも当時のインスト仲間とも関係が断たれているので団体の内部事情や状況は知りません。

ためしにアマゾンで関係本を検索すると、「ヒーリングの開発者のヴァイアナさんが米国で裁判に負けて、本拠地をアイダホからモンタナにうつしたこと」が、同じ文体で関係本のコメント欄に貼り付けていますね。

ホメオパシージャパンも「刺され」ましたが、ヴァイアナさんも「刺された」のではないのかな、と思うんですけどね。

f:id:e-vis:20170404112435j:plain

霊能者が奇跡をおこすときに脳派がシータ波になるそうです。

有罪判決の内容がどうであれ、全ての人の脳派を簡単にシータ波にかえる瞑想法を編み出したのはヴァイアナさんであり、全てのひとを簡単な瞑想法でもって、本来誰しもが持っている能力を使えるようにしたのもヴァイアナさんの偉業だと思いますけどね。

この方は偉いなとおもうのは、各国の支部や、各インストラクターが開催したときのセミナー料金の一部を上納させるということはしなかったんですね。

ただ、この瞑想法は簡単なことと応用が効きやすいので、技術は流れやすいでしょう。

シータ関連の本の評価のところに、せっせと、同じ文体で書き込んでいる方がいますが、その奥には日本での活動を閉店しろという匂いを感じます。気のせいかもしれませんが。

そういえば、大川代表がヒーリングの本を書いてますね。

なんとも不思議な話です。

不思議が一杯です。

f:id:e-vis:20170404135008j:plain

 

著作者:
ifindkarma