読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ヒーラーの覚え書き的な日記

ヒーリング、スピリチュアル、代替医療、ホメオパシー、などを、忘れないうちに綴ってます

Sponsored Link

※当ブログの記事の無断転載、転用はご遠慮ください

04月19日、巨大小惑星接近するそうな

日記

こんにちは。御機嫌さんですか。

巨大小惑星、400年ぶりに大接近

巨大小惑星「2014-JO25」、今月19日に地球に最接近

f:id:e-vis:20170418201157j:plain

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000006-jij_afp-sctch

【AFP=時事】今月19日、猛スピードで太陽の周りを回っている巨大な小惑星が不安を感じさせるほどの至近距離まで地球に接近する。

 小惑星「2014-JO25」は直径約650メートル。スペイン南端にある英領ジブラルタル(Gibraltar)の岩山「ジブラルタルの岩(Rock of Gibraltar 高さ426メートル)」ほどの大きさだ。

 米航空宇宙局(NASA)は、「地球に衝突する可能性はないものの、この大きさの小惑星としてはかなり地球に接近する」としている。

 2014-JO25は、地球から180万キロの距離を通過する見通し。これは地球から月までの距離の5倍近くに相当する。

 小さな小惑星が地球に接近することは週に数回あるが、これほど大きな小惑星が地球に近づくのは小惑星トータティス(Toutatis、直径約5キロ)が地球に接近した2004年以来。この時トータティスは地球と月の間の距離の4倍弱に相当する距離まで地球に近づいた。

 太陽の周りを回る2014-JO25は地球に最接近した後、木星のそばを通って再び太陽系の中心部に戻っていく。

前回2014-JO25が地球に接近したのは400年前で、次に接近するのは西暦2600年より後になる。

 2014-JO25は表面の反射率が月面の約2倍であることも分かっている。そのため接近時の1~2日間は夜間に小型望遠鏡でも観測できるという。

【翻訳編集】 AFPBB News

(以上)

 

気になる時間帯や方角は、、、

・東北の北斗七星のあたり

・19日午後10時ごろがピーク?

※詳細はこちらからhttp://choi-clip.com/2014-jo25

 

Sponsored Link

 

 

 

ホロスコープの相と同じく、こういう天体のイベントも意味があるとか。

何がおこるんでしょ。400年前が参考になるのかも。

400年前ごろといえば、、、

1616年 

日本

 家康死去

中国 

 後金=清の前身を建国   

1617年 

日本 

 吉原開業

 大奥女中の出入りなどを定めた大奥法度を制定。男子禁制に。   

 英国商館長コックスが伏見城で秀忠に謁見

 一方では、スペイン宣教師の逮捕と斬首が続いている

 第二回朝鮮通信使伏見城で将軍秀忠に謁見

1918年

 欧州 30年戦争はじまる

1620年

 メイフラワー号のアメリカ入植

 

日本も欧州も大陸も、大きく枠組みが変わる時期だったんですね。

昨今の時勢とならべてみましょ。黄色い字が昨今の事柄です。

1616年 

日本

 家康死去

 ⇒デビット・ロックフェラーの死去が公表された(2017年)

中国 

 後金=清の前身を建国 

 ⇒中国共産党ガラガラポンの予兆、共産国家70年説まであとすこし  

1617年 

日本 

 吉原開業

 ⇒東京にカジノつくろーぜ、という案が挙がってますね。

 大奥女中の出入りなどを定めた大奥法度を制定。男子禁制に。   

 英国商館長コックスが伏見城で秀忠に謁見

 一方では、スペイン宣教師の逮捕と斬首が続いている。

 第二回朝鮮通信使伏見城で将軍秀忠に謁見

 ⇒韓国大使館を帰任させましたね。

  朝鮮戦争勃発時における邦人保護をにらんでのことですが。

1918年

 欧州 30年戦争はじまる

 ⇒英国のEU離脱移民問題に端を発する内乱勃発か??

1620年

 メイフラワー号のアメリカ入植

 ⇒アメリカが国是であった無制限受けれれを終了して、入植の終わりとするのか、

  あるいは、新たな入植のはじまりなのか。

 

頑張れば、宇宙に住めそうな気もする。

土星の衛星エンケラドスで水素分子検出、生命誕生の条件 NASA

f:id:e-vis:20170418202812j:plain

http://www.afpbb.com/articles/-/3125084?cx_tag=pc_rankday&cx_position=5#cxrecs_s

【4月14日 AFP】土星の衛星で氷に覆われているエンケラドス(Enceladus)は、生命に必要な条件を備えているとみられることが、米航空宇宙局(NASA)の無人探査機カッシーニCassini)による最新の観測データで明らかになった。NASAが13日、発表した。

 NASAによると、厚い氷の層に覆われた海を持つ小型の衛星エンケラドスの表面にある割れ目から噴出している水蒸気プルーム(水柱)で、カッシーニが水素分子を検出したという。

 水蒸気プルームの存在により、エンケラドス上では岩石質の中心部と氷の下にある海との間で熱水化学反応が起きている可能性が高いと、科学者らは推測していた。

 地球上では、熱水化学反応によって、太陽光が届かない深さの海底にある熱水噴出孔に微生物が生息できる環境が形成されている。

 科学者チームによると、エンケラドスのプルームは98%が水で、他に微量のアンモニア二酸化炭素、メタンなどの分子が含まれている。これまで「発見が困難」とされていた水素の検出は、エンケラドスが生命を維持できる可能性があることを示している。

 13日に米科学誌「サイエンス(Science)」に発表された最新研究は「微生物系を支えることが可能な化学ポテンシャルの存在を示している」と、論文の主執筆者の一人、ハンター・ウエイト(Hunter Waite)氏は指摘する。「これによりエンケラドスは、生命存在可能な条件を示していることに関して太陽系内でリストの上位にランクされる」

 燃料切れが迫っているカッシーニは現在、NASAが「グランドフィナーレ」と呼ぶミッションの最終段階にあり、土星とその輪の間にある幅2400キロの隙間を飛行している。

 研究者らは、カッシーニの最新の発見を「カッシーニ探査計画の最高の業績となる発見」と呼んでいる。

 NASAの惑星科学部門を統括するジェームズ・グリーン(James Green)氏は「われわれは新境地を開拓している。新たな環境を見つけ出している」と話す。

「われわれは、現在太陽系内で生命を育んでいる可能性のある環境を、これまで誰も実現可能とは思わなかった方法で探している」と、グリーン氏は述べた。(c)AFP

 

タイタンの湖

太陽の光を反射して輝くタイタンの湖、NASAが画像公開

f:id:e-vis:20170418202737j:plain

米航空宇宙局(NASA)が公開した、土星探査機カッシーニCassini)が近赤外線で撮影した画像データを着色処理した土星最大の衛星タイタン(Titan)のモザイク画像。画面左上に湖の表面で反射された太陽光が見える(2014年8月21日撮影、同10月31日公開)。(c)AFP/NASA/JPL-Caltech/University of Arizona/U. of Idaho

http://www.afpbb.com/articles/-/3030628

【11月2日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は10月31日、土星探査機カッシーニCassini)が近赤外線で観測したデータから作成した土星最大の衛星タイタン(Titan)のモザイク画像を公開した。

 画像の左上、11時の方向にある北極地域で、太陽光が湖の表面で観測方向にほぼ鏡面反射される「サングリント」という現象が起きているのが分かる。

「反射点」とも呼ばれるこの非常に明るい部分は、タイタンの最大の湖であるクラーケン海(Kraken Mare)の南、湖を2分する群島の北に当たる。

 この画像は今年8月21日、カッシーニがタイタンに接近した際に撮影したもの。カッシーニは過去にタイタンの極地方の湖やサングリントの画像を別々に撮影したことはあったが、その両方を1枚の画像の中で捉えたのは今回が初めて。

 画像には実際の色の情報が含まれているが、肉眼で見ることができる自然色ではないため着色加工してある。この画像で赤は5.0マイクロメートル、緑は2.0マイクロメートル、青は1.3マイクロメートルの波長の電磁波が放出されている部分を示している。

 これらの波長の電磁波ならばタイタンの大気による散乱や吸収の影響をほとんど受けずに地表を観測することができる。仮に肉眼でタイタンを観測したとしても、もや以外には何も見えないはずだ。(c)AF

 

 火星の夕暮れは青いらしい

f:id:e-vis:20170418203108j:plain

死ぬ前に、現地で見てみたいと思ふ。

 

 追記

f:id:e-vis:20170420174650p:plain

地元では、曇っていて見えませんでした。残念。